本文にジャンプする

New Style Jewelry

PORTRAIT - Draw out your individuality! -

PORTRAIT - 肖像画、肖像写真

ポートレイトは自分を映し出す鏡。
いつの時代にも共通するのは、人はポートーレイトに
理想的な自分を映し出そうとすること。

そんな時、個性を引き立たせてくれるジュエリーを身に着ければ、
そこには今までに見たことのない、捜し求めていた自分が現れる。

自分らしい理想像を追及する人たちにこそ捧げたい、
新しいスタイルの個性溢れるジュエリーを紹介します。

DATE:2012.8.29 wed – 9.4 tue
PLACE:MATSUYA GINZA 1F SPACE OF GINZA
OPEN:10:00 - 20:00
CONTACT:松屋銀座1階アクセサリー 03(3567)1211(代)
http://www.matsuya.com/m_ginza/

最新情報はこちらから更新されます
http://www.facebook.com/PORTRAITNEWSTYLEJEWELRY

EXHIBITORS

  • himie
  • SIRI SIRI
  • Rubus.
  • talkative
  • tortue
  • hinahimuka
  • bororo
  • shihara
  • itoatsuko
  • Zelkova.K FINE JEWELRY
  • Turtle Forest
  • SATOMI KAWAKITA JEWELRY
  • RIE HARADA
  • etc.

himie

himie

himie

Designer:
Hiromichi Shimokawa

URL:
himie.com

2004年、歯科技工士をやりながら、本格スタート。
数年間、百貨店を中心にイベント出展。
2006年、自由が丘「パラスパレス」店内にインショップオープン。
2006年、デザインタイドに出展。
2008年、フランス・パリ展示会「the box」「Rendez-Vous」に出展。
2009年、松屋銀座店に常設スタート。
2010年、伊勢丹新宿店に、ブライダルライン常設スタート。
2011年、JR大阪三越伊勢丹店に常設スタート。(現在ブライダルラインのみ)
2012年、大阪・淀屋橋の芝川ビル(国登録有形文化財)に初の直営店スタート。
ヒーミーは、アンティークとなりうる100年後をイメージしながら、
「静かなる主張」をテーマに物作りしています。
人々の記憶に残るようなモノを作り、皆様の幸せのお手伝いができれば本望です。

page top

SIRI SIRI

SIRI SIRI

SIRI SIRI

Designer:
Naho Okamoto

URL:
www.sirisiri.jp

・ブランドプロフィール
SIRI SIRI: 「鎖」を意味するスワヒリ語、silisiliに由来する造語。

意外性を感じさせるマテリアルと伝統的な職人技術との組み合わせにより、コンテンポラリーな作品を発信するジュエリーブランド、SIRI SIRI。その独自のスタイルは、既成概念に縛られず自分の美意識に忠実な人の生き方に呼応します。そんな「自由の探求者」こそ、SIRI SIRI の鎖で繋ぎ止めたい、という思いからこのブランドネームが生まれました。

ベースにあるものは日本の工芸技術や伝統的な美意識。見た目も端正な作品のひとつひとつに同居する、さり気ないモード感と日本のエッセンス。そこには、伝統的な意匠を用いても、新たな解釈を加えることで現代に通用する作品を生み出せる、というデザイナー自身の思いが込められています。


・デザイナープロフィール
SIRI SIRI デザイナー  岡本 菜穂

建築家で抽象画家でもあった父の影響から、幼い頃よりアートやデザインに囲まれて育つ。
桑沢デザイン研究所スペースデザイン科在学中より、より自分自身の身体に近いものへのデザインに対する興味が高まり、ジュエリー創作に向かう様になる。
2006年、ジュエリーブランド SIRI SIRI をスタート。日常生活の中で見過ごされてしまいがちな素材をジュエリーに昇華させる、独特な世界を展開する。

page top

Rubus.

Rubus.

Rubus.

Designer:
Yukiko Sakamoto

URL:
rubus.jp

Rubus : (ルーバス)
Blackberry,Rasberry.......の様な植物学上のバラ科キイチゴ属の総称。 小さくも立派な樹木であり、鋭い棘を持ち、美しい花を咲かせて、実を結びます。 ギリシャ神話にも記されるほどの遠い昔から人々と共生してきた植物です。
このRubusのように 装った人との間に生まれる "調和" を大切に 、いつも側にあるお守りのような 存在感を持つJewelry を、という想いで製作しています。

page top

talkative

talkative

talkative

Designer:
Shinobu Marotta

URL:
www.igoigo.jp

会話の生まれるジュエリー』をコンセプトに
グラフィック的な視点でジュエリーを展開するtalkative。
大人が遊べるジュエリーを提案します。
『おしゃべり好きな』という意味のトーカティブ。
talkative のジュエリーからたくさんの会話が生まれますように☆

page top

tortue

tortue

tortue

Designer:
Kotoko Katoh
Ayako Ikarashi

URL:
www.tortue.jp/

身のまわりでおきた楽しい出来事やおもしろい発見などをジュエリーにとり入れた独創的で遊び心のあるデザインが特徴のブランドです。
つややかなパールやきらめくダイヤモンドとマットな質感の金属を組み合せることでやわらかな調和をめざしています。
企画デザインから製作まで行い一点一点心をこめて仕上げています。

page top

hina himuka

hina himuka

hina himuka

Designer:
Hinako Mukai

URL:
www.hinahimuka.com

あたたかい太陽
光に向かって咲く清らかな蓮
海にゆらゆら浮かぶクラゲ
自然の美しさに魅せられつつ、
身に着けることのできる ジュエリーを 
ひとつ ひとつ 大切に てづくり。

page top

bororo

bororo

bororo

Designer:
Akiko Akachi

URL:
bororo.jp

bororoは旅する宝石商。「天然石の美しさをそのまま身につける」をコンセプトに、デザイナー自ら世界中から買付けてきた天然石のジュエリーはひとつひとつが完全なオリジナルピースです。

page top

shihara

shihara

shihara

Designer:
Yuta Ishihara

URL:
www.shihara.com

2011年春夏コレクションでデビューしたジュエリーブランド。
ありがちな機能をミニマルなデザインに落としこみ、シンプルというより「純粋」な美しさにこだわったジュエリーです。
shihara独自のアイディアから、身につけた時に驚きのある新鮮なクリエーションを提案。
素材はK18ゴールドをメインにし、ジュエリーにしかできない人と人との想いをつなぐ特別なモノとしての価値を大切にしたいと考えています。

page top

itoatsuko

 itoatsuko

itoatsuko

Designer:
Atsuko Ito

URL:
www.itoatsuko.com

それらの持つ空気、かたち、質感から使い手のかたの記憶や心と共振し、
なおかつ新鮮な感情も湧き上がってくるような ジュエリーをつくりたい、これが制作のモチベーションであり、コンセプトでもあります。

page top

Zelkova.K FINE JEWELRY

Zelkova.K FINE JEWELRY

Zelkova.K FINE JEWELRY

Designer:
Keyaki Kawasaki

URL:
www.zelkova-k.com

大学卒業後、航空会社に入社。
ここで、制服等で失われがちな女性の個性をさりげなく演出する事に興味を持ち始める。
【2002】 女性をさらに輝かせる術を学ぶためジュエリーの世界に。
【2003】 デザイナーの名前でもある、けやきの意をとったZelkova.K(ゼルコーバ・ケイ)を立ち上げる。
【2004】 東京/渋谷区 ギャラリー【LE DECO ル・デコ】にて『12人のジュエリー展』を開催。
【2007】 オーダーメイドジュエリーブランドZelkova.Kとして本格的に活動開始。

ドアを開けるとき、お気に入りのリングがきらりと光ったら...
ショーウィンドウに映った自分の姿を見たとき、襟元がひときわ輝いて見えたら...
身につけたときに
嬉しくなるジュエリー、楽しくなるジュエリー、幸せになるジュエリー
女性をさらに美しくみせる、そんなジュエリーを
作り出すことがZelkova.Kのテーマです。

page top

Turtle Forest

Turtle Forest

Turtle Forest

Designer:
KANAME HIGA

URL:
www.turtleforest.com

プロフィール
2002  Turtle Forest 発足
2005  Edun 発足の際のプレス発表<Saks Fifth Avenue>にジュエリー提供
2005  Vogue US 3月号掲載
2005  Vogue US 9月号掲載
2006  New York Fashion Week / Lyn Devon S/S 2007にジュエリー提供
2007  Harper's Bazaar 2月号掲載
2007  New York Fashion Week / Dead Birds & LionHeart S/S 2008にジュエリー提供
2012  Kurv. #026 <Australia> " Le Petite Mort " 撮影 Robert
Mendolia でジュエリー担当

顧客リスト
ヘレナ クリステンセン <スーパーモデル>
リンジー ローハン <女優>
ビョーク <歌手>

コンセプト
深い森に棲む亀。静かに、緑銀色に鈍く光っている甲羅は船のようにも見える。
かたわらには大きなトランクを抱えた僕。そして僕は、その優美で大きな亀と共に8番目の海へと向かう。
小さな小さなロボットが甲羅の上でハープシコードを奏で始めると、ホルンとチェロがそれに重なる。
深い森はどこまでも広く、懐かしく未来を見つめている。

今回の展示会に寄せて
Turtle Forestの5つあるライン<Couture, Anchor, Roots, Sparkles, Juliette Apartment>から、Juliette Apartment,Rootsを出点する事になりました。
Juliette Apartmentは実際にN.Y.にあった同名の古いアパートからインスピレーションを得ています。部屋ごとに個性があるように、気分次第で変化する、自由なラインです。今回は、日本のみなさんを意識して制作しました。可憐で凛として、そしてモダンな仕上がりになってると思います。
そしてRootsですが、ブランドの核をなすラインです。ブランドのコンセプトをシンプルに表現していると思います。
Future Nostalgia.まだ見た事のない海への、楽しい気持ちと冒険心とで手に取ってみて下さい。作品を通じて何かをお伝え出来ると嬉しく思います。

page top

SATOMI KAWAKITA JEWELRY

SATOMI KAWAKITA JEWELRY

SATOMI KAWAKITA JEWELRY

Designer:
SATOMI KAWAKITA

URL:
www.satomikawakita.com

大阪出身。
洋裁が得意で幼い頃にはほとんど全ての洋服を手作りしてくれた母の影響もあってか、幼少の頃から自分でモノを創ることの楽しさを知る。自分でデザインした ものを制作するために素材や色を選ぶというプロセス、それらの素材を使って実際に自分で制作することの楽しさ・難しさを知り、様々な素材・技法を使ってのモノ創りをより深く学ぶため嵯峨美術短期大学生活デザイン科に進む。

在学中に吹きガラスに出会いその魅力にとりつかれ、卒業後数年大阪の吹きガラス工房にて辻野剛氏に師事、教室運営、制作アシスタントとして数年勤務。その後、独学で学んだ"ビーズ織り" のテクニックを使ったアクセサリーブランド"Satomi Kawakita"をスタート。全国のセレクト・ショップにて販売される。

2002年長年の夢であった語学留学をするためアメリカ・ボストンへ。語学学校卒業後ジュエリーメイキングを勉強するためNYに生活の拠点を移す。STUDIO JEWELERSにてジュエリーメイキングの基礎を学んだのち、2003年より宝石の石留め職人としてマンハッタン・ミッドタウンの工房にてマスターセッターRichard Scandaglia氏に師事。

2008年自身がデザイン・制作の全てを手がけるジュエリーブランド"Satomi Kawakita jewelry"をスタート。



自然の中に見つけられるような形、素材感からインスピレーションを受けた有機的なデザインは繊細であると同時にユニークさも併せ持つ。 天然の宝石や鉱物の神秘性に無限の可能性と美しさを見出し、それを独自のスタイルでジュエリーという形で実際に身につけられるものとして制作することに日々奮闘。

現在NYマンハッタンのスタジオにてデザイン並びに制作活動を行っている。
ダイヤモンドセッターの技術を生かし、鋳造以外の全ての行程をこのスタジオ内で自身で行っている。
現在アメリカNYを中心に、イギリス、日本の約30店舗にて商品を販売中。

page top

REI HARADA

REI HARADA

REI HARADA

Designer:
REI HARADA

URL:
reiharada.com

ものがシルエットだけになった時に浮き彫りになる、形の美しさ。
それを立体的にして体を飾るものとして身につけたとき、
立体が空間をまとい、体の動きによって見方を変え、
フラットな形とはまた違う美しさを発揮します。
そんな、ジュエリーとしてしか味わえない形を楽しんでもらいたい
という思いを込めて作っています。

page top